保険の満期はライフスタイルに合わせて設定するのが肝心

保険には数多くの種類があり、加入される目的に合わせて補償を受けられる事がとても重要となります。

特に子供の将来の為に加入する学資保険等の場合には、新入学や就職などでお金がかかる時期に、保険金を受け取れるように満期を設定しておかれることが不可欠と言えます。

高校の入学資金に充てるのか、大学や専門学校への入学時に必要なのかによっても、資金が必要となる時期は保険をかける人により違いが生まれますし、進学などの際には、入学される学校に納める入学金や授業料にお金が必要となる以前に、居住する部屋の確保や、引越費用等、事前にお金が必要になる場合もある為、特に早生まれのお子様の学資保険の満期の時期には注意しておく事が必要です。

学資保険だけではなく、保険が満期を迎えてお金を受け取った場合には、保険でも所得とみなされるので、受け取られた年度の確定申告が必要となります。

保険が無事に満期を迎えた事で受けたられた保険金は、一時所得と言う扱いになり、税金の対象となる事を覚えておく事が大切です。

特に老後の蓄えの為に加入される養老保険や年金型保険では、その受け取り方によっても税金対策は変わって来るので、加入される際には、確定申告に関わる知識を持って臨まれる事も重要です。

保険の詳細については、なかなか分かりにくい点も多く有るのが現状ですので、心配な方は、保険のアドバイザーに無料で相談できるシステムも有りますので、今一度加入している保険の見直しをかけられる事が大事です。